The wikis have been updated to MediaWiki 1.36 on 4 June 2021. There are still some small problems, but they are being worked on. If you see any other problems, please let us know as soon as possible and we will try to solve them.

日本連盟ローバース会議

提供: ScoutWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

設立までの経緯 1989年、現在のローバー活動の直接的な先駆けといわれる「第2回ローバーシンポジウム」(大島)が開催され、これを契機にローバース会議の前身である「ローバースカウト全国会議(RNC)」が誕生した。

この会議は、2年に1度、全国からのローバーの代表が一堂に会し、日本のローバー全体としての活動を検討するものであった。

その後、ローバームート(ローバー自身の運営によるローバーの全国大会)の開催等によるローバー活動の活性化に伴い、1993年に日本連盟のプログラム委員会のもとに正式な組織としての「ローバース会議(RC)」が認められた。


任務

  1.  ローバースカウト活動のあり方や全国のローバースカウト活動の活動方針について検討し、日本連盟の各機関への提案と調整を行なう。
  2.  日本連盟がローバースカウト部門の全国規模の大会や集会等と開催するとき、その企画や運営に協力する。
  3.  日本のローバースカウト活動の発展に関することに協力する。
  4.  その他必要なことを行う。

構成

  1.  各ブロックから選出されたブロック代表議員各1名
  2.  プログラム委員会が推薦したもの若干名
  3.  議員の任期は2年
  4.  議長1名、副議長若干名を置く
  5.  年3回の開催

これまでの活動

2年間を1期として、主にローバームート開催への協力や、阪神淡路大震災やロシアタンカー重油流出事故へのボランティア派遣、長野オリンピック奉仕といったローバーの機動力を活用した運営を行い、2005年3月までに5期が活動した。


第1期

(1994~1995年度)  平成6年3月に15名のローバースカウトによって第1回会議を行い、活動方針を検討、ローバースカウトの全国大会開催時の企画・運営について協力すること、ローバース会議会則等を決めた。

任期中の主な活動

'95 日本KO-MOOT(愛知)開催の提案 第11回日本ジャンボリー期間中のローバーパーティの開催 阪神淡路大震災ボランティア派遣

第2期

(1996~1997年度)

平成8年に委員の改選を行い、「プログラムヒント集」作成委員会、国際委員会、制服調査委員会を設置した。

任期中の主な活動

ロシアタンカー重油流出事故に関する救援ボランティア活動 バングラデシュとの提携プロジェクトに参加 ローバームート'97 開催への協力 ・大会期間中に平成9年度ローバースカウト全国代表者会議を開催、以下を決議した

  1. ローバー村を作ろう(社会との対話)
  2. 災害ネットワークを整備しよう(地域への奉仕)
  3. 第12回日本ジャンボリーで地球開発村を運営しよう(国際協力)